手形割引やワークフローで社内管理を行なう|業務効率向上科

システム

最小限ルールで効率アップ

システム

ワークフローを用いることで仕事の流れをスムーズにすることができます。様々な事態やそれに対する対応の仕方などが決められており、全体を見渡して広い視野で仕事を進めていくことができるのです。

Read More

システム導入で簡単計算

システム

給与計算事務は、毎月支払われる給与の計算をするにしても社員一人一人異なるので複雑な計算が必要になります。そのため、給与計算システムを導入することで簡単に給与計算が行なえるようになります。

Read More

手形による支払い

システム

社内を管理するシステムには様々なものがあります。仕事内容の全体像を見て効率化を図ることができるワークフローや、優先度に応じて仕事の割り振りを行なうスケジューラーなど多様になってきています。また、勤怠管理システムや社宅代行なども社員情報を管理し統制するものとして幅広い企業で採用されています。これら以外にも手形割引と呼ばれるものがあります。仕事サービス提供の役務や売掛金に対する入金において、手形による支払いを受ける場合があります。しかし、手形の満期日は数ヶ月先になるのが一般的で、もし、より早い時期に現金化したい場合は、手形を銀行やノンバンクなどの金融機関に持ち込み、割引手数料等を差し引いた金額を受け取ることができます。これが手形割引です。 この流れにおいて、手形の割引を依頼した側を割引依頼人と呼び、手形の割引を引き受けた金融機関を割引人と呼びます。 手形割引の取引形態のうち、上記の流れのように、通常の取引において発生する手形を商業手形割引と言います。 一方、資金繰りに困窮した場合など、自社の手形を担保にして振り出して金融機関から借り入れる場合を自己割引手形(手形貸付)と言います。

手形を割り引く際には、満期日までの利息相当額(割引手数料)を割引依頼人が割引人に支払います。利息相当額の計算は、手形額面金額×割引利率(年利)×満期日までの日数÷365日で計算します。割引利率は金融機関および手形振出人の信用度によって異なります。 他に、取立手数料もかかります。つまり、手形額面金額から利息相当額と取立手数料の差し引いた金額が手形割引人に支払われます。 手形割引には不渡りの危険性があります。 例えば、満期日に手形振出人が支払いを拒否したり、満期日前でも手形振出人の経営状況が悪化して支払いが困難になった場合などは、手形割引人が割引人から手形を買い戻す義務が生じます。 割引人が銀行の場合は通常、割引依頼人の口座および残高があるので、不渡りとなった手形の金額を残高から補填する形になります。

業務をスムーズ化

ハンコ

ワークフロー化することで社内業務は非常にスムーズになります。管理機能を利用して進捗状況を確認することができ、素早いフォローが行えます。複製機能を有しているため、決済などの作成時間も短縮することができるのです。

Read More